東郷織物

プロフィール

大正4年、奄美大島に生まれる。旧制福井高等工業〈現国立福井大学の前身)建築家卒。
卒業後、清水建設に就職。昭和17年東郷治秋の長女、幸と結婚。
戦後、昭和22年シベリアから復員。帰還後義父、治秋と共に東郷織物を運営。
次々と新しい仕事に着手し、研究開発を経て色大島の完成を見る。
さらに木綿による今日の現代薩摩絣の礎を築く。
若々しく、美しい色彩は、版画や絵皿にも随所にあらわれている。  


受賞歴

昭和54年11月 現代の名工に選ばれる
昭和60年11月 都城市、市民文化賞授賞
平成9年11月 宮崎県、県文化賞授賞
平成10年11月 黄綬褒章授賞
 

ページトップ